漏れたトイレットタンクのボルトを修理する方法

数千回の洗浄後、タンクの内側と外側のゴム製のワッシャが摩耗すると、トイレットタンクのボルトが漏れ始めることがあります。ボルトとナットの水滴とその下の床には、トイレタンクのボルトに新しいワッシャーが必要であることが示されます。錆びているか腐食している場合は、すべてのボルト、ワッシャー、ナットを交換する必要があります。これらの指示に従って、交換する必要のない漏れやすいトイレット・タンク・ボルトを修理するためにゴム・ワッシャーを交換してください。

ステップ1:トイレタンクから水を排出する

ステップ1:トイレタンクから水を排出する

水遮断弁でタンクへの水の流れを遮断します。トイレを洗い流して完全に空にします。調節可能なレンチを使用して、給水ラインをトイレタンクから引き出します。便器の後ろのタオルやスポンジで水のオーバーフローを吸収する。

ステップ2:タンク蓋を取り外す

ステップ2:タンク蓋を取り外す

ステップ3:タンクボルトを取り外す

トイレの蓋を持ち上げて、毛布とタオルの大きな束の上に置き、タンクのためのスペースを残す。

ステップ4:タンクを持ち上げてパディングにセットする

ステップ3:タンクボルトを取り外す

ステップ5:すべての古いゴムワッシャの取り外しと交換

調整可能なレンチを使用して、ナットをボルトから緩めてください。それらがついている場合は、レンチでナットを持ち、ヘルパーがスクリュードライバでボルトをタンクの内側から回します。 WD-40または3 in 1などの浸透性のあるオイルをボルトから緩めて、ボルトからナットを緩め、便器のハウジングから取り外します。

ステップ6:タンクと補充を再取り付けする

ステップ7:ボルトとワッシャを確認する

ステップ4:タンクを持ち上げてパディングにセットする

助手を借りて、タンクをまっすぐ持ち上げ、パディングに運び、安全のため平らにします。

ステップ5:すべての古いゴムワッシャの取り外しと交換

古いゴム製のワッシャーをすべて取り除いて、タンクからボルトを取り出すことができます。古いワッシャーを捨て、次のように新しいゴムワッシャーを取り付けます。まず、ボルト頭の真下のボルトにゴム製のワッシャーを1本入れます。ボルトをタンクのボルト穴に挿入します。タンクの外側にあるボルトの上に2番目のゴム製ワッシャーをかぶせます。新しいボルトナットをボルトに取り付け、3番目のゴムワッシャーを追加します。新しい金属ワッシャーを加えて、タンクを便器のハウジングに固定します。ワッシャーとナットを同じ順序で2番目のボルトに取り付けます。

ステップ6:タンクと補充を再取り付けする

あなたとあなたの助手は今便器を便器のハウジングの上に持ち上げ、ボルトと中央タンクのガスケットを正しく取り付け直すことができます。調整可能なレンチの回でボルトを数回交互に締めます。トイレタンクがしっかりと接続され、ボウルハウジングに対して垂直に留まっていることを確認してください。水の供給を再接続し、トイレタンクを補充し、蓋を所定の位置に戻します。

ステップ7:ボルトとワッシャを確認する

次の36〜48時間にわたって、トイレタンクのボルトで定期的な漏れがないか点検します。漏れた場合は、ボルト、ナット、ワッシャを再度交換する必要があります。