イグニッションロックシリンダーの取り外し方法

ほとんどの車両に取り外し可能な点火ロックシリンダまたは「交換可能なコア」が取り付けられています。新しいキーが必要な場合、これらは簡単に削除されるという利点があります。手順はメーカーによって異なる場合がありますが、ほとんどすべてが特殊キーを使用して変更されています。

あなたの車を始めるのが難しく、スターターまたはオルタネーターに問題がないことが判明した場合は、イグニッションロックシリンダーを交換する必要があります。この仕事は、専門の自動車技術者や整備士が行うのが普通ですが、十分に自信があれば自分でやることができます。

ステップ1 – バッテリの取り外し

スイッチの「コアキー」を取得する必要があります。コアキーはマスターキーのようなものです。車のドアとロックのロックを解除するのではなく、シリンダまたはコアをイグニッションロックケーシングから取り外すことができます。コアキーはロック解除には使用されませんが、キーなしでガジェットのロックを解除できます。たとえば、スクリュードライバーを使用して、コアを持たないロックを開くことができます。イグニッションスイッチのトラブルシューティングと交換は、以下の手順に従えば可能です。

ステップ2ステアリングホイールを取り外す

負のケーブル端子接続をバッ​​テリーから取り外します。ネジを緩めて、ステアリングコラムから上下のカバーを取り出します。

ステップ3-ワイパーとインジケータースイッチをはずす

センターカバーを引っ張ってハンドルを持ち上げます。ホーンに接続されているワイヤを外し、ハンドル保持ナットとワッシャーを取り外します。ステアリングホイールを引き出してシャフトから取り外します。

ステップ4-ステアリングコラムからのスリーブの取り外し

フロントガラスのワイパーとインジケータースイッチを引き離して取り外します。

ステップ5イグニッションスイッチを取り外す

ワイパーとインジケータースイッチを取り外した後、ステアリングコラムからスペーサースリーブをスライドさせて取り外します。

ステップ6:コアを削除する

イグニッションスイッチの取り付けネジを外します。イグニッションスイッチを引き出します。イグニッションスイッチの後部にあるコネクタからワイヤを外します。タブを緩めて引き出します。

他のキーと同じように、コアキーをイグニッションスイッチのコアに挿入します。小さなドライバーを使用して保持ピンを押し下げます。キーを約10度回してオフ位置にします。これにより、シリンダーがロックケーシングから解放されます。キーがフリーのときは、ロックされた位置になければなりません。

ロックからキーをゆっくり引き出します。キーを引き出すと、シリンダーもハウジングから引き出されます。抜き出す前に鍵を戻すと、鍵だけが出ることに注意してください。

これらのステップはさまざまですが、車両の製造元やモデルに応じていくつかの追加ステップを実行する必要があります。詳細については、製造元のマニュアルを参照してください。各タイプの自動車は、点火ロックシリンダを取り外すための異なる方法を有してもよい。