壊れたボートカバーを修理する方法

破れたボートカバーを修理するのは簡単な作業です。ボートカバーは、小さなセイルの修理テープを使用して修理することができます。セール修理テープを使用して修理を行っても、長期間は維持されません。これは気候変動と熱によるものです。さらに、セイルテープに存在する接着剤が損傷し、最終的には修理が無駄になる。針と糸を使ってボートカバーを修復することは、他の方法に比べて簡単で安価であるため、最良の方法です

必要なアイテムとツールを入手した後、次の手順は、以下の手順に従って、ボートカバーを段階的に修理するための指示に従うことです。

ステップ番号1:破れた領域を測定する

最初のステップは、ルーラーまたは測定テープを使用して、パッチまたは破れた領域の長さを見つけることです。これは、破れた領域をカバーするために必要なキャンバスのサイズを知るために行われます。はさみを使用してキャンバスを注意深く切断し、パッチピースの長さと幅が実際の破れた領域よりも約4インチ長くなっていることを確認します。この調整は、パッチが完全に覆われるように行われます。

ステップ番号2:パッチピースの切断

パッチピースは、はさみを使用して注意深く切断する必要があります。長さは4インチ長く、幅は長くなります。例えば、破れた領域が長さ2インチ、幅3インチの場合、パッチピースは、長さが6インチ、幅が8インチである必要があります。ボートカバーの両側を覆うために2つのパッチピースが必要であり、両者は同じ長さと幅でなければならない。

ステップ番号3:パッチの作業

キャンバス接着剤は、パッチピースに塗布して、裂け目の上に置かなければなりません。接着剤が乾燥してキャンバスに正しく貼付されるまで、書籍や木製ブロックなどの重いものを保管しておいてください。これは、キャンバスを裂傷に取り付け、二重の保護を確実にするために行われます。ステッチが外れても、接着剤はパッチカバーを取り付けたままにします。

ステップ番号4:パッチキャンバスをステッチする

ボートカバーのパッチを正しくステッチしたら、破れた部分が適切に修復されていることを確認する必要があります。端に隙間がある場合は、接着剤を塗布して、再度縫い付けなければなりません。

破れたボートカバーの修理手順は非常に簡単で、必要なものとツールの助けを借りて4つのステップに従うことで、誰かが破れたボートカバーを修理することができます。壊れたボートカバーを修理することはケーキの散歩であり、上記のガイドに従うと費用がかかりません。