壊れた嵐のドアの近くを修理する方法

2000年に、ロバート・ファーガソンは住宅改善産業に知識を共有するための手段として文書化を開始しました。最近では、州の認定を受けた請負業者として30年以上の実地経験があり、ファーガソンは住宅建設業および商業建設業に彼の文章を集中させることができました。ファーガソン氏は、この知識ベースと経験を活用して、米国内のすべてのお客様に家庭改善の専門分野のコンテンツとコピーライティングを提供しています。

住宅所有者は、様々な理由で暴風雨ドアが設置されています。天気の悪い天井から外扉を保護すること、扉を開ける必要のない人物を前または後ろに見ることのできる安全性、這い上がり、昆虫を飛ばすという追加のボーナス、美的に魅力的な外観を家の外装に付け加えて、魅力的な魅力を呼び起こしています。

フロントドアとバックドアは重い風に対する防御の第一線であるため、不適切な機能のストームドアクローザーは、嵐のドアが開いたままの状態になり、前後に往復してドアが開けられます。ドアが過度に羽ばたくと、ブラケットが曲がったり壊れたりして、より近くで動作不能になる可能性があります。

暴風雨ドアが壊れた別の一般的な理由は、通常の毎日の交通量が出入りすることです。毎日の使用だけでは、大家族の家庭では近づくほど時間外で働き、余分なストレスを与え、近くのコンポーネントに負担をかける可能性があります。適切に機能しないような嵐のドアの追加の理由には、

壊れた嵐のドアを持っていることは不都合ですが、それは簡単な自分自身のプロジェクトです。いくつかの道具と材料と少しの時間で、あなたの嵐のドアを作業状態に戻すことができます。

ストームドアブラケットの取り外し

嵐のドアクローザーは、扱いが設計されていない異常な使用を受けるたびに、暴風雨ドアブラケットが破損したり、撓んだり、ドアの戸袋から引き裂かれたりするようなストレスをかけることがあります。ジャムから引き裂かれた場合、ひび割れたドアフレームなどの追加の損傷を招く可能性があります。また、ブラケットを所定の位置に保持するために必要な取り付け金具が緩んでいるか、または取り付けネジがはぎ取られ、ブラケットを所定の位置に保持するのに役に立たない可能性がある。

暴風雨のドアが誤動作する問題を解決するには、推奨される工具と材料を一緒に集めて、これらの簡単な手順に従ってください。

ステップ1

ステップ2

ステップ3

ステップ4