インテリアスイングドアの修理方法

インテリアスイングドアがある場合は、作業をやめるときに気付き始めることがあります。インテリアスイングドアは、壊れやすく、特にハンガーが懸念される場所では、制御が難しい。したがって、ドアを揺らし続けたい場合は、品質を向上させるために、随時修理を少しずつ行う必要があります。スイングドアがスティッキングを開始するとすぐに修理するか、全長にスイングしないか、あまりにも早く修理することを確認することで、これを行うことができます。これらの問題はすべて、すぐにそれらに関わる限り、簡単に修復できます。いくつかの家の修理ツールとあなたのドアを修復するためのいくつかのガイドラインが必要です。

あなたのドアに問題がある場合は、頻繁に固着していることがわかっている場合は、ヒンジの表面にWD-40をスプレーすることを検討する必要があります。この強力な溶剤は、通常、ドアを再び作動させるのに十分な潤滑油を提供します。また、表面に錆がないかどうかを確認し、そのいずれかが見つかった場合は、WD-40を使用して錆を除去することをお勧めします。これはおそらくスイングドアが固くなるのを止める最善の方法であり、安価で効果的です。これで問題が解決しない場合は、ヒンジをすべて取り外して新しいものに交換することを検討してください。

ステップ1 – くつろぎのためのヒンジ

起こりうるもう一つの問題は、スイングドアがあまりにも早く動くことです。そうすれば、ドアを歩いている間にドアに当たってしまうことがよくあります。これを解決する1つの方法は、あなたのマレットで下面をタップしてヒンジピンを外すことです。ピンが飛び出すはずです。そして、あなたのマレットを再び使用するか、またはいくつかの針のノーズペンチでそれらを回すことによって、それらを少し曲げることができます。ピンをあまりにもひどく曲げる必要はありません。ちょっとした動きだけでヒンジが急激に戻るのを止めることができます。これはあなたのドアがあまりにもすぐに戻るのを止めるのに効果的です。これがうまくいかない場合は、硬い紙の小さな片を取ってドアがフレームに当たるヒンジの下に置くこともできます。これはドアの動きを遅くするのに役立ちます。

ステップ2 – ドアをすばやくスイングさせる

ヒンジを交換する以外に解決策がない場合は、まずヒンジピンを取り外してから、ヒンジを外してください。ドアに新しいヒンジを追加することができます。新しいヒンジを正しい向きに取り付けてください。そうしないと、ドアがまったく回転しません。あなたの住宅改善ツールを梱包する前に、新しいヒンジでドアの動きを確認してください。少し新しくなっていると思われる場合は、WD-40を少しスプレーしてください。

ステップ3 – ヒンジの交換