エポキシ硬化時間を短縮する方法

エポキシ硬化は、硬化剤がエポキシ樹脂のエポキシド化合物と結合して強いポリマー結合を形成する場合に起こる。このプロセスは家庭用プロジェクトで非常に有用です。最大の欠点の1つは、プロセスを完了するのに要する時間です。硬化プロセスのスピードアップが可能であり、エポキシ硬化時間に影響を及ぼす要因を理解することから始まります。

ほとんどのエポキシの硬化時間に影響を及ぼす主な要因は日光と温度です。あなたのエポキシ混合物が暖かくなる程、硬化時間は短くなります。環境をより冷たくすることで、熱を加えるか反応を遅くして反応を加速させることで、エポキシ硬化を操作できます。

ステップ1 – より多くのエポキシ硬化剤を混合する

樹脂にエポキシ硬化剤を追加すると、エポキシ硬化後の化学反応速度が増加します。しかし、硬化剤のラベル指示書では、樹脂と硬化剤の比率を厳密に守ってください。経験則では同じ量の樹脂を使用して同じ量の硬化剤を使用しています。一例は、半分のボトルの硬化剤を半分の樹脂のボトルに混合することである。あなたのミックスが非常に硬くなってきていることに気づいた場合は、硬化剤の含有量が樹脂に比例していないことを意味します。樹脂と硬化剤のより少ない部分で実験を開始して、どの比率があなたの混合物に適しているかを調べることができます。

ステップ2 – 温度を制御する

夏には、ミキシングコンテナを日陰に置くか、冷蔵庫や氷クーラーの中に入れて作業時間を延ばすことができます。エポキシの硬化時間は、巨大で平らな領域に広がる樹脂と比較して、大きな濃縮された塊においてより速い。高温では、熱を分散させるために樹脂混合物を大きくて浅いペイントトレイに広げます。繊維などのフィラーも、反応のスピードアップに役立つ樹脂の熱を遮断します。

冬または涼しい天候の間は、樹脂混合物を暖かい部屋に保管しておくか、暖かい水で盆地に置いてください。樹脂と硬膜剤の理想的な温度は70°Fです。

ステップ3 – エポキシアクセラレータを追加する

最寄りのハードウェアでエポキシアクセラレータを購入することができます。プロセスのスピードアップとは別に、アクセラレータはエポキシが乾くとより良いフィニッシュを生み出すのにも役立ちます。異なるエポキシタイプのためのいくつかの促進剤が存在する。間違った種類のアクセラレータを使用すると、エポキシ混合物が壊れてしまいます。推定硬化時間のラベル指示を読んでください。

ステップ4-エポキシ硬化オーブンの利用

エポキシ硬化オーブンは、硬化プロセスそれ自体の後に使用される。混合物を最初に硬化させてから、最初に硬化させてからオーブンで加熱してください。オーブンで硬化させる前に最初に硬化させないと、エポキシが損傷することがあります。オーブンの極端な温度はエポキシの耐久性に影響を与え、温度計でオーブンの温度を調節します。