コンクリート床から金型を取り除く方法

コンクリート床を含むあらゆる種類の表面から金型を取り除く方法を知ることは重要です。コンクリート床にモールドが現れた場合は、モールドを素早く取り除くことが不可欠です。また、最初に現れたカビの原因を調べる必要があります。金型がかなりの間コンクリートの床に座っていない限り、それを取り除くことは特に困難な仕事ではありません。

有害な細菌があなたの健康に有害である可能性があるので、カビを除去し始める前にゴム手袋と防塵マスクを着用してください。まず、水と洗剤(アンモニアを含まない洗剤を使用)を水4部と洗剤1部の割合で混合してください。コンクリートの床の上に約半分の溶液を注ぎ、金型を使ってほうきでそれを処理します。これは金型を緩めて簡単に取り外せるようにします。できるだけ大きな面積でカバーしてください。

ステップ1 – ブーム

バケットを空にして清潔な水で補充します。エリアをモップし、乾燥させて、どのくらい金型が残っているかを確認します。ソリューションを床に追加することでかなりの金型を取り除いてしまいますが、すべてをクリアしてしまう可能性は低いです。金型が残っている場合は、さらに行動する必要があります。

ステップ2 – モップ

残りの金型を取り除くには、漂白剤を使用する必要があります。バケツで、1部の漂白剤の溶液を10部の水に混ぜる。区域が換気されていることを確認してください。金型に水を注ぎ、洗浄ブラシで緩めます。湿った/乾燥したバキュームを使用して作業中に大部分の水を取り除きます;あなたは濡れすぎないようにしてください。

ステップ3 – 漂白

あなたが洗い流した後、乾燥部分をモップで乾かしてください。コンクリート床にモールドがまだ残っている場合は、モールドを取り除くために漂白剤の溶液を強くする必要があります。漂白剤1部を水4部になるように混合する。湿った/乾燥したバキュームを使用して水を床から遠ざけてください。これにより、カビを簡単に取り除くことができます。きれいな水でモップして乾燥させる。これはさらなるカビの蔓延を取り除くのに役立ちますが、まだ残っているかもしれません。

ステップ4 – リン酸三ナトリウム

コンクリート床から金型を取り除く作業の最終段階は、漂白剤と水の溶液を混ぜ合わせることです。しかし、今度は、2リットルの水と漂白液に約1/4の割合でリン酸トリスドチウムを加える必要があります。

ステップ5 – 金型の原因

もう一度、徹底的に拭きますが、漂白剤には液体混合物をほとんど使用しないでください。できるだけ多くの水を掃除してください。作業が終わったら、きれいな水で掃除して乾かしてください。これは、エリアから金型を取り除き、戻ってこないようにします。

金型を外したら、原因を突き止めなければなりません。天井や壁の漏れやコンクリート自体の亀裂がないか点検してください。さらなる問題を防ぐためにこれらを修正する必要があります。