タンクレス給湯器の修理方法

場合によっては、加熱装置を取り替えるタンクレス給湯器を修理する必要があります。定期的なメンテナンスは常により効率的な操作を確保します。水温の低下またはそれに気づかれない場合は、発熱体の交換が必要な修理になります。ここであなたがする必要があります。

コントロールパネルまたはブレーカボックスの電源を切ります。スイッチの上にマスキングテープを置き、加熱素子を交換している間に誰も電源を入れ直さないようにしてください。パネルディスプレイの表示が「オフ」であっても、電圧計で回路をチェックしてください。これにより、正しいブレーカーをオフにすることができます。電気の回りを作業するときは、エラーが危険なだけでなく致命的になる可能性があるので、必ず確認する必要があります。

ステップ1 – 電源を切る

ヒーターへの水の供給を止めながら、1つのお湯の蛇口を開きます。これにより、ヒーターから水が吸い出されます。

ステップ2 – 温水蛇口を開く

ヒーターの残りの水をバケツに排出する、Phillipsヘッドスクリュードライバーでヒーティングチャンバープレートの下側​​にある清掃の右下にある6本のネジを外します。排水が完了したら、清掃プレートを交換してください。

ステップ3-ドレインヒーター

赤色と黒色のワイヤーを発熱体の上部に固定しているネジを外します。

ステップ4 – ワイヤを取り外す

エレメントまたは調整可能なレンチで発熱体を緩めます。加熱要素の周りにぼかしを巻きつけて、水が制御盤に落ちないようにしてください。ヒーターからOリングと共に発熱体を外します。

ステップ5 – 古い要素を削除する

新しいOリングシールが新しい発熱体に正しく装着されていることを確認し、アセンブリをヒーターに取り付けます。エレメントをしっかりと締めてください。

ステップ6 – 新しいOリングを座らせる

ステップ7 – ワイヤを交換する

ここで、フィリップスのマイナスドライバーを使用して、エレメントの上部にある赤色と黒色のワイヤーを2本のネジで置き換えます。

給水を開始する前に、排水プラグのネジが締まっていることを確認してください。常にヒーターエレメントとドレンプラグの周りに水がないか調べます。

一部の水がコントロールボードに滴下した場合は、コントロールボードを乾燥させるためにヘアドライヤーを使用してください。すべての水が蒸発していることを確認するためにかなりの時間乾かしてください。コントロールボードは損害を与えません。

ヒーターを水で満たして漏れがないか確認します。ない場合は、電源スイッチをオンにします。

再びヒーターを操作すると、診断コードを表示するアラームが鳴ると、水分が検出され、コントロールが無効になります。漏れがないか点検し、ヒーター全体を完全に乾燥させてから、再始動してください。

ステップ8 – 給水をオンにする

ステップ9 – ドライコントロールボード

ステップ10 – 補充と加熱

ヒント