産業用作業台の修理方法

産業用作業台には幅広い設計があります。このような家具で修理作業を行うときは、これを考慮する必要があります。彼らは通常、さまざまな種類の木製またはスチール製です。これは、作業台を修理または修理する際にも考慮する必要があります。

修復の性質を検査することから始めます。木製のテーブルの場合、壊れたスタンドや棚を交換することは可能です。この場合、交換する表面またはスタンドの寸法を測定してください。幅と長さの測定を取得します。

ステップ1 – 測定を行う

金属製のテーブルの場合、テーブルスタンドや棚などの錆や腐食した部分を修理するために修理を行うことができます。測定テープを使用して交換が必要な部品の正しいサイズを取得します。

ステップ2 – 必要な材料を組み立てる

修理に使用する木材や金属の必要量を購入する。ハードウェアまたは消耗品店からすぐに使用できるテーブルスタンドを購入することは可能です。金属のスタンドや表面を使用する準備ができているかどうか聞いてください。これはまた、木片のために行うことができます。

ステップ3 – 修理

木製の作業台を修理するときは、釘、ネジ、木材の糊を手に入れてください。金属の場合は、十分な数のねじを購入してください。

ステップ4 – 適切な仕上げを施す

作業表を修復するために必要なツールのほとんどは、ハードウェアまたはサプライ品からレンタルすることができます。

作業スペースを取り除き、仕事に必要なすべての資料を収集する。木製のテーブルを手に入れ、壊れた部分を慎重に取り除く。ハンマーを使って爪を緩め、損なわれた部分を外します。新しいものを持って定位置に置きます。新しい爪を使用して固定します。ハンマーを使用して釘を打って新しいスタンドまたは表面を固定します。新しい表面を固定するために木材接着剤を使用することができます。

金属製の作業台の場合は、スクリュードライバーを使用して破損した部分を外します。敷設は簡単に行うことができます。新しい部品を入手し、ネジで固定します。スクリュードライバーを使用して固定します。

サンドペーパーを使用して、新しいスタンドの汚れや不要な粒子を取り除きます。仕事を終わらせるために木の汚れや塗料を使用してください。テーブル全体が同じ外観になっていることを確認してください。

金属製の作業台に特定の色や塗料が付いている場合は、これも新しい部品で行う必要があります。交換された部品で滑らかな仕上げを得るには、メタルファイルを使用してください。ブラシを使用してペイントを適用するか、消えて一貫した外観にすることができます。

汚れやほこりを拭いて作業台を掃除してください。これは木製の作業台を良好な状態に戻すはずです。